寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

プーホールズがDHを大谷に譲る!?10年連続3割、30本、100打点の実績を持つ男

更新日:

こんにちは
でこぽんです。

2018年
大谷選手のメジャーでの活躍で
メジャーリーガーを目にすることが
非常に増えてきました。

その中でも超スーパースーターの
アルベルト・プーホールズ選手
について書いてみます。

こんな方におすすめ

  • 大谷選手のチームメートを知りたい人
  • エンゼルスの4番打者の特徴を知りたい人

10年連続、3割、30本、100打点

プーホールズ選手の実績です。

・右投げ右打ち
・ファースト
・背番号2
・1980年(38才)
・背番号 5

38才と高齢ですが松坂大輔選手も1980年です。
プホルス選手は1月で松坂選手は9月なので
日本の学年で言うとプーホールズ選手が1つ上です。

プーホールズ選手はカージナルス → エンゼルスと
2球団を経験しているのですが
10年連続、3割、30本、100打点以上は
カージナルス時代に叩き出した数字です。

2001年にマーク・マグワイアの推薦で
メジャー昇格を果たし
その年は .329 37本 130打点です。

プロ入り二年目の20才のシーズンの数字です。

この年から打ちに打ちまくって
気が付けば10年連続で
3割、30本、100打点を記録していました。

2011年に現所属のエンゼルスに移籍し
この年は .299 37本 99打点と
非常に惜しいところで記録が途絶えました。

スポンサーリンク

特筆すべきは出場試合数

私が非常に興味を持ったのは
プロキャリア17年の出場試合数です。

2017年までで2575試合出場です。

1年平均すると151試合です。

メジャーは年間162試合なので
毎年ほとんどの試合に出場しています。
(日本は年間143試合)

これだけの試合に出続けて
毎年数字を残す
実力と身体の強さには関心します。

エンゼルス移籍後のプーホールズ選手

2011年からエンゼルスの一員となりましたが
正直言って下降線をたどっています。

カージナルス時代(10年)
・打率   : 10年連続3割超え
・平均HR : 41本
・平均打点 : 123打点

エンゼルス時代(7年)
・打率   : 3割超えなし
・平均HR : 29本
・平均打点 : 98

十分過ぎる程すごい数字ですが
エンゼルスに入った30歳代から
すこ~しづつ成績が落ちてきています。

しかしエンゼルス入団後も
平均試合数は145と
相変わらずの鉄人ぶりを見せています。

大谷選手との関係

大谷選手との仲がどうこうではなく
チーム内での立ち位置の話です。

プーホールズ選手としたら正直
負担が増えてます。

去年まではプーホールズ選手がDHで
試合に臨んでいました。
年齢の事もあるので
これが最適の起用方でしょう。

しかし大谷選手の加入により
大谷選手の2刀流への配慮より
DHの座を奪われました。

しかしこのレジェンドは
「うちは左打者が少ないからね」
とアッサリ!

エンゼルスの主力の左打者は
大谷選手とカルフーン選手です。

プホルス選手の健在ぶりが
今年のチームの行方を左右するでしょう。

プーホールズ選手の年俸

やっぱりここは知りたいですよね。

エンゼルス入団時
10年総額2億5400万ドルの契約を結びました。
出来高も含めると2億8000万ドルです。

ざっくり言うと年俸30億弱ですね。

まとめ

去年まではプーホールズ選手とトラウト選手が
チームの顔と呼ばれる存在でした。

しかし今年は確実に
大谷選手もチームの顔となります。

この3枚のチームの顔と
皆の応援と活躍で
ワールドチャンピオンに
駆け上がってくれるでしょう!

カンバレ

おわり

最後までお読み頂き
ありがとうございました。

-野球

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.