寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

今ベイスターズの大和に注目する理由、阪神時代に完成された守備力の奥義!

更新日:

大和

GregReese / Pixabay

こんにちは
でこぽんです。

間もなく2018年シーズン
プロ野球公式戦が開幕します。

そんな中で阪神タイガースから
横浜DeNAベイスターズにFA移籍した
大和選手に注目してみした。

こんな方におすすめ

  • 大和のセンターでのダイビングキャッチが忘れられない人
  • ベイスターズファンで大和の守備に期待する人

結局、阪神は大和放出でよかったのでは

阪神は結果的に大和の放出は良かったのかもしれません。

その理由は2年目の糸原の成長です。
糸原はショートを任される事になりますが
もし、大和が居た場合
糸原が控えに回った可能性が高いですよね。

打撃は大和より糸原が上なので
結果的に選択肢が減った事で
阪神は攻撃に専念できそうですよね。

スポンサーリンク

ベイスターズでの立ち位置

大和は内外野をこなすユーティリティープレイヤーです。
今回のベイスターズでの起用は内野でいくでしょう。

そこで問題となるのがショートに倉本がいる事です。
しかし、ラミレス監督は早々にこの問題に
決着をつけました。

・セカンド : 大和
・ショート : 倉本

大和の守備力から考えると
ショートで使わずセカンドに置くのは
勿体ないところですが
倉本にセカンドの特性が無い事より
大和がセカンドに回る事で決着しました。

大和は実力でセカンドを獲りました

関連記事
⇒ エンゼルスのシモンズがエグイ、大谷の背筋をブルッとさせる守備力!

阪神時代の華麗なプレー

やはり印象に残っているのは
センターでのダイビングキャッチですよね。

藤浪、オスンファン、福原
阪神投手陣を数々のピンチから救ってきました。

そして、本職の内野の守備も超一流です。
個人的には広島の菊池より上だと思っています。

特に凄かったのがセカンドの守備で
センター前に抜けようかという当たりを
華麗にキャッチし
そこからファーストに逆シングルの送球をします。

大和が凄かったのはこのスローイングです。
普通、逆シングルからの送球はワンバンになったり
悪送球となるシーンをよく見かけますが
大和のそれは違います。

逆シングルからも早い送球を正確に
ノーバンで投げれます。

一番凄いと思ったのは
取ってから送球するまでが異常に早いんです
これはダイビングキャッチの時も一緒です。

今年の試合で見てみて下さい。
他の選手とは明らかに違う神レベルです。

まとめ

私の大和の初めての印象は

「大和顔(やまとがお)ちゃうやん」

です。
大和という名前に顔が完全に負けてましたね。(笑)

しっかし守備につくとオーラを放ちます。
ピッチャーとしたら
あんな華麗なプレーでピンチを救ってくれたら
テンション上がるでしょうね。

これです!

これが今年のベイスターズ投手陣へのギフトです。

ピッチャーのテンションが上がれば自ずと
いいピッチングをしますよね。
ピッチャーが気分よく投げるとテンポも上がり
野手は守備に集中出来るし
攻撃にも集中できます。

そうするとベイスターズは強いのです!

これが完成された守備力の奥義なんです。

大和選手は目立つ存在ではありませんが
玄人好みの実にいい選手です。
今年の大和選手の活躍に期待しましょう!

おわり

この記事はいかがでしたか

-野球

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.