寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

大谷翔平の球種から考える肘への負担、まさか将来に不安があるとは

更新日:

肘

b0red / Pixabay

こんにちは
でこぽんです。

2018年4月13日
ロイヤルス戦で走者一掃の
スリーベースを放ちました。

そして2日後の15日には
先発登板予定です。

ここまではオープン戦を除いて
パッター、ピッチャーとして
順調すぎるくらいの活躍です。

水を差すようですが
過信はいけません。

大谷翔平選手の実力は
世界に証明されました。
しかし私が言いたいのは
ケガが心配という事です。

彼のピッチングの球種とケガの
相関関係について考えてみます。

※この記事の後、下記のゲームでやはり肘を壊しました

こんな方におすすめ

  • 大谷翔平選手の球種が知りたい人
  • なぜケガが心配か知りたい人

大谷翔平選手の球種

私は大谷翔平選手は変化球投手だと思っています。

確かにストレートは早いのですが
質としては回転数がメジャー投手の平均より少なく
捉えられやすい球と言えます。
※メジャー平均:2255rpm、大谷選手:2219rpm

このストレートの回転数は
バッター目線で言うとホップしてくる球です。

全盛期の藤川球児投手の球がホップしてましたよね
あれです。

大谷翔平投手のストレートは
そういう性質が少ないのです。

だから速くても打たれる可能性があるのです。

その速いストレートを活かすのは変化球なんですね。

で、大谷翔平投手の球種はと言いますと
・ストレート(フォーシーム)
・スライダー
・スプリット
・カーブ
です。

なぜケガが心配なのか

スプリットを多投するからです
メジャーに行ってからは25%程度の割合で
スプリットを投げてます。

確かにスプリットは現代の魔球と呼ばれ
打者からしたら消える魔球でしょう。

しかし、このボールには大きな代償が付いてきます。

マー君もスプリットの多投で肘を壊しました。

MLBでもこの事実がある為
スプリットを投げるアメリカ人は皆無です。

だからみんな空振りするのです。

日本人くらいしか投げないから
見る機会がほぼ無いのです。

スポンサーリンク

なぜスプリットを多投するか

これは私の推測ですが
3つ考えられます。

1、空振りが取れるから

いたってシンプルな理由です。

これが決め球のみならいいのですが
カウント球でも使っているので心配です。

2、スライダーが制御できていないから

これが一番大きいです。

大谷翔平選手の試合はガッツリ見ていますが
スライダーが低めに決まっている時は
誰も打ててないです。

しかし
このスライダーの制球が定まってないのです。

確率の問題ですが
スプリットよりスライダーの方が
思った所に投げれる確率が高いです。

だからスプリットを多投してるような気がします。

3、今後の伏線

日ハム時代はよくチェンジアップを投げていました。

エンゼルスではなぜかチャンジアップは投げていません。
恐らく今はコントロール出来ないからでしょう。

メジャーに行ってボールや環境が変わった事によって
今まで出来ていた事が出来なくなっているのでは?

このチェンジアップが投げられるようになると
スプリットの割合を減らしてくるでしょう。

関連記事
⇒ マイクソーシア監督の言葉が響きます、エンゼルスに決めてよかった大谷翔平選手
⇒ 大谷翔平の通訳が見逃せない、彼が大谷選手の将来を左右する!

まとめ

大谷翔平選手は今は大活躍して
世界の大谷になりました。

しかしケガだけはいけません。

日ハム時代
自打球を足に当てた大谷選手を
栗山監督はしかりつけました。

栗山監督はメジャーで活躍する事を
確信していたので
自分を大事にしなさいと言いたかったのでしょう。

目先の活躍をマスコミは取り上げ
それに一喜一憂する日本人がいます。

大谷翔平選手は記憶に残る選手には
もう既になっています。

あとは記録に残る選手になってくれる事を祈ります!

おわり

最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

-野球

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.