寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

OPSとWHIPをご存知?プロ野球を見る上で知らないとはもったいない!

更新日:

OPS

3dman_eu / Pixabay

こんちには
でこぽんです。

プロ野球を見ていると最近
OPSやWHIPという言葉をよく目にするようになってきました。

「後で調べよう」と思い
いつもホッタラカシになってしまいます。

プロ野球を見る上で知らないともったいない
OPSをWHIPについて書いてみます。

こんな方におすすめ

  • メジャーリーグの大谷が気になってよく見る人
  • 打者と投手の数値と知ってるがその先を知らない人

バッターの数値OPSとは

「オプス」や「オーピーエス」といい
バッターの成績を表す数値です。

on-base plus slugging の略で
出塁率と長打率を足した数値です。

OPS = 出塁率 + 長打率

この数値が高い程、優秀なバッターと言えます。

打者の数値というと
打率、ホームラン、打点が一般的ですが
それだけだと見えてこない
チームへの貢献度を数値化した物です。

出塁率と長打率を足すので必然的に
チームへの貢献度が高くなっています。

ここで疑問になるのが長打率の考え方です。

長打率を求める際の考え方は
単打  = 1
2塁打 = 2
3塁打 = 3
本塁打 = 4
と考えます。

例えば
10打数2安打の打者がいて内訳は
2塁打と本塁打だったとします。
そうすると
打率  = .200 ← 2/10
長打率 = .600 ← 6/10
となります。

過去の記録を見たい人はコチラ

ピッチャーの数値WHIPとは

ウィップと読みます。

Walks plus Hits per Inning Pitched の略で
簡単に言うと
1イニングでピッチャーの責任で何人走者を出したか
です。

WHIP = (被安打数+与四球数) ÷ イニング数

この数値は低い程、優秀と言えます。

投手の成績を表す数値としては
防御率、勝ち数、勝率などが一般的ですが
このWHIPも非常に重要です。

与四球もカウントされるので
阪神の藤浪投手なんかわ悪くなる傾向があります。

最近の投手、特にメジャーに行く投手なんかは
勝ち数にはこだわってないです。
それは勝ち数は他力も絡んでくるので
そこにフォーカスしていません。

そんな選手が拘っているのは
防御率とWHIPです。

これは自分の責任ですものね!

スポンサーリンク

メジャー観戦で特にオススメ!

OPSやWHIPは日本ではまだまだ馴染みが薄いです。

なぜ日本で馴染みが薄いがというと
個人タイトルになってないからではないでしょうか。

メジャーだと普通に扱われている数値で
例えば大柄なバッターでこの数値がいいと
大きいのを打つ選手と容易に想像できます。

逆に小柄でこの数値がいいと
選球眼がいいのかな、カットが上手なのかな
などと想像が出来ます。

WHIPにしてもその選手の制球力が見えてきますよね。

まとめ

2018年は大谷翔平選手がメジャーに行った事もあり
朝からテレビに噛り付いての観戦の日々が続いています。

この辺の数値はよく取り上げられるので
メジャー観戦には特にオススメです。

2018年
メジャーリーグも日本プロ野球も
まだまだ盛り上がりそうですね。

おわり

最後までお読み頂き
ありがとうございました。

-野球

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.