寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

ピッチャー大谷翔平の今日のピッチングを見て感じた事(その③ 5/31)

投稿日:

大谷その1

Free-Photos / Pixabay

こんにちは
でこぽんです。

2018/5/31(現地時間30日)エンゼルス VS タイガース戦
大谷翔平投手が先発登板しました。
結果はニュース等で報じられますが
試合詳細が気になりますよね。

例えば大谷翔平投手がベンチではジャンバーを着ているが
マウンドに上がる時、脱いだジャンバーを畳んでいるとか。

ベンチ内でハイタッチの代わりに
マイクトラウトとお互いお辞儀をするとか。

ニュースは淡々と結果を報じてくれるだけで
試合の空気感が味わえないので味気ないです。

この記事ではそういった細かいところを
私目線にはなりますが書いてみます。

過去の連載はコチラ
⇒ ピッチャー大谷翔平の今日のピッチングも見て感じた事(その① 5/14)
⇒ ピッチャー大谷翔平の今日のピッチングも見て感じた事(その② 5/21)

こんな方におすすめ

  • ニュース報道だけだと物足りない人
  • 中継を見た人の話を聞きたい人

中9日での登板

今回のコメリカパーク球場でのタイガース戦
中9日と少し登板間隔が空いています。
前回の登板が球数110球を超えていた為の配慮です。

結果は

 

 

 

そこそこの数字です。

試合は大谷投手の降板時は 1対1 だったのですが
後の投手が打ち込まれ 1対6 でエンゼルスは敗れました。

動画によるダイジェスト

今日のピッチングは、全体的には制球が定まらず
力を入れて投げるとコントロールを乱すので
置きに行くようなピッチングとなり
今までのピッチングと比較すると
結果はソコソコですが、あまりいいとは言えませんでした。

前回の登板時のように
三振を奪った後に右手で左手のグラブを叩くような
ガッツポーズ的なアクションもありませんでしたし
思うように投げれないので覇気が感じられませんでした。

スポンサーリンク

試合のダイジェスト

 

 

 

1回裏(大谷ピッチング)
制球が定まらずマーティンをフォアボールで出し
2塁に走られる。その際、マルドナード捕手のセカンドへの送球は
ベース足元への完璧な送球だが
大谷投手が無警戒だった為セーフ
結果的にグッドラムにタイムリーを打たれ1失点。

2回裏(大谷ピッチング)
7番グレイナー、8番イグレシアス、9番マチャドを簡単に打ち取り3者凡退。
少し制球が良くはなっているが
力感が無く、丁寧に投げている様子。

3回裏(大谷ピッチング)
ヒット1本を許したが難なく抑える。
2回同様、まだまだ手探りで投げている様子。

4回裏(大谷ピッチング)
この回も2回、3回同様に躍動感は無く
無難に投げ、3者凡退に抑える。

ここで雨が激しくなり23分間の中断をはさみました。

5回裏(大谷ピッチング)
雨の中断後のピッチングで時間が経っていたので
大谷交代かな?と思いましたが元気に出てきました。
少し力感が出てきました。
中断中にブルペンで調整をしてきたようです。
ただ力感を出して腕を振った代償として
少しコントロールを乱していました。
(ヒット:1、フォアボール:1)
最後の打者にはこの日最速の163キロを投じました。

6回表(エンゼルス攻撃)
簡単に2アウトになって3人目の打者、
大谷投手の相棒のマルドナード選手
この時、再び雨が激しくなりまたもや中断

中断明け、マルドナード選手は三振に終わる。

結局、試合はエンゼエルスの中継ぎ陣が抑えられず
1対6 と敗れました。

まとめ

この日の大谷投手のピッチングは初球カーブが特に目立ちました。
大谷 = 早いストレート、スプリット
が定着しつつあるのでマルドナード選手のナイスリードだと思いました。

カーブが多かった理由は打者の裏をかいたのもありますが
ストレートの制球があまりに悪かったからです。

力を入れたストレートは全部右打者だとアウトコース低めに引っ掛かってました。

5回には163キロを投じたのですが
これも本当の全力という感じではなかったです。

日ハム時代、リリーフで165キロを投げた時のような
躍動感は感じませんでした。

逆にいい組み立てだなと感じたのは
右打者のアウトコース低めへのスライダーです。

面白い様に空振りが取れていました。
阪神のロサリオの様に空振りが簡単に取れていました。

今後のピッチングは調子が上がらない時は
緩いカーブや外角のスライダーを多投するのだろうな
と感じられる1戦でした。

おわり

最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

-野球

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.