寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

マイナス金利の影響か!銀行で口座維持手数料が取られるって本当?

更新日:

こんにちは
でこぽんです。

大手都銀で預金者から口座維持管理手数料を
取るような取らないような
そんなよからぬ検討がされています。

そんなよからぬ検討をされる
銀行事情の背景を考えてみました。

マイナス金利政策の影響

日本では日銀の黒田総裁のサプライズ政策で
マイナス金利が導入されています。

マイナス金利とは

マイナス金利の内容を簡単に説明します。

都市銀行や地方銀行は日本銀行に口座を持っており
ここにお金を預けたり借りたりしています。

このお金を預ける際にマイナス金利(-0.1%)
が取られるのです。

こうなったら普通に考えたら
日本銀行にお金を預けませんよね。

次に銀行はどんな手をうつか

銀行の儲けの柱は利子です。

1、日本銀行に預ける利子
2、企業にお金を貸しだす利子
3、庶民にお金を貸し出す利子

1はマイナス金利で完全に断たれました。

じゃあどうするか
2の企業にお金を貸し出して儲けようとします。

これが日銀の狙いです。

そしてお金を巡らせる事で
日本経済を好景気に持っていこうとしています。

3の影響で我々の住宅ローンは史上最低と言われる
超低金利で借りれています。

1%以下で住宅ローンを借りれている人も
珍しくはありません。

スポンサーリンク

儲かる業界は?

上記のマイナス金利の影響で儲かるのは

・不動産業界
・観光業界

が考えられます。

金利が下がる事により
借り手としては金利負担が下がるので
念願のマイホーム購入の後押しになるでしょう。

しかし、日本は人口減少局面に入っているので
全体として住宅着工は減っているので
マイナス金利以外の施策も必要でしょう。

観光業界が儲かる理由は
マイナス金利の影響で
世界の投資家目線で考えると
金利が付かない日本円に魅力が無くなります。

その結果
円安になり(例、1ドルを両替:100円 → 120円)
観光者としては、

100ドル小遣い持ってきて
10000円に両替してたのが
12000円に両替出来るようになります。

沢山の日本円を得る事が出来るので
日本に遊びに来やすくなりますよね。

銀行の口座維持管理手数料

今現在、銀行に口座を持っていても
口座維持管理手数料は取られません。

しかし、大手都銀は口座維持管理手数料
の導入を検討しています。

仮に100円/月取られたとすると
年間1200円かかります。

それを銀行の金利で取り返そうとすると
今の金利が 0.002% くらいなので
6000万の貯金が必要ですね。

タンス預金にしましょ

本当に口座維持管理手数料が取られるようになったら
庶民はタンス預金に走るでしょうね。

何だか日本経済はさらに悪くなるような。。。

タンス預金に走れば銀行の破綻なんかも。。。

楽しい話が出てこないですね

銀行へのアプローチはこの記事も参考にして下さい。

まとめ

日本政府は景気がいいなんて経済指標を出しますが
我々庶民としては何も実感できるところがありません。

確かに企業は儲かっているようですが
日本政府の政策に振り回されないように

内部留保

と言って
万が一の時の為にお金を貯めこみ
従業員にはお金は落ちてきません。

そこに銀行の口座維持管理手数料なんて取られたら。。。

皆さん
自分のお金は自分で守って下さい。

ファイナンスリテラシーを磨き
自己防衛をして下さい。

例えばこんなテクニックもあります。

今後もファイナンスリテラシー関連は発信していきます。

おわり

この記事はいかがでしたか

-豆知識

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.