寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

車の購入時に掛かる税金を少しでも安く済ませるテクニック!

更新日:

車の税金

車の税金、

こんにちは
でこぽんです。

新車にせよ中古車にせよ
車の購入時には必ず税金が掛かります。

この税金が少しでも安く済ませる事が出来れば
カーナビ、オーディオ、ホイール等に
お金が回せます。

この税金を「知ってるだけ」で安く済ませる
テクニックをお伝えします。

購入時に掛かる税金

車の購入時には必ず税金が掛かります。

掛かる税金はこの4種類です。
・自動車取得税
・自動車重量税
・自動車税
・消費税

個人的には消費税だけでいいように気がしますが。

まぁ文句を言っても取られるもんは取られます。

スポンサーリンク

自動車取得税を安く済ませるテクニック

自動車取得税って実は安くするテクニックがあるんですよ。

自動車取得税の仕組みを説明します。

実は自動車取得税は
50万円以下の車を買った場合は免除されます。

バンザーイ

ここで落とし穴
50万円以下の取得価格なのです。

買った金額ではありません。

自動車取得税は

課税標準基準額 × 残価率 = 取得価格
取得価格 × 3% = 自動車取得税

とても簡単に言うと
・350万、1年3か月が経過の中古車
自動車取得税 = 58890円

・230万円、3年3か月が経過の中古車
自動車取得税 = 0円

参考サイト
上記の自動車取得税の計算

ここからが注目です

新車購入時はこれをコントロール出来ます。

理由は上記式の取得価格を求める式がこうなります。

課税標準基準額 + 付加物の価格 = 取得価格

となるからです。

ポイントは付加物の価格です。
付加物とはカーナビ、オーディオ、ホイール等です。

最初に付けたら損します。

購入後に社外品を取り付けるか
購入後に付けれるなら購入後に付けて下さい。

これで取得価格が下げれるので
結果的に自動車取得税が下げられます。

消費税10%でこう変わる

消費税が10%になると
この自動車取得税は撤廃されます。

しかし
別途、環境性能割税というのが取られます。

環境にいい車に乗ってねという
大義名分ですね。

結局取られるんかい!

自動車重量税を安く済ませるテクニック

実はこれも安く出来る可能性があります。

参考サイト
自動車重量税一覧表

ここで注目して欲しいのが
重さが500キロ刻みで税額が変わってます。

こんなケースがあります。

タイプA 付加物無し 999キロ
タイプB 付加物有り 1001キロ

ばい、税額が変わってしまいます。

この場合税額は 7500円 違ってきます。
※新車、エコカー減税無考慮

グレードの違いで差が出る場合もあるので
購入時は是非、重量にも気を配って下さい。

まとめ

上記テクニックはささやかな金額ですが
安く済ませる事が出来るなんて
こんなに喜ばしい事はありません。

って感じた人はやってっみて下さい。

おわり

この記事はいかがでしたか

-お得

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.