寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

驚愕の複利の力!エクセルでサクッと計算してしまえ!

更新日:

複利

驚愕の複利の力

こんにちは
でこぽんです。

世の中は不景気ですが
持っている人は持っていますよね。

富裕層はこの仕組みを深く理解しています。

資産運用する際の複利の仕組みについて
お勉強してみましょう。

驚愕の複利の力

驚愕の複利の力をご説明する前に
単利についてご説明します。

単利とは元本にのみ利子が付く運用方法です。

例えば100万円を3%で運用したとします。

1年目 : 100万円 → 103万円
2年目 : 100万円 → 103万円
3年目 : 100万円 → 103万円

となります。
各年の増えた3万円は受け取ったり
別の口座に入ったりします。

それに対して複利はこのようになります。

1年目 : 100万円 → 103万円
2年目 : 103万円 → 106.09万円
3年目 : 106.09万円 → 109.2727万円

このように増えたお金にも利子が付くのが
複利の力です。

単利で運用するより
3年で約2300円得する事になります。

たった2300円
驚愕じゃないですよね。

まぁまぁまぁ

スポンサーリンク

エクセルで複利計算

エクセルで複利を計算するのは簡単です。

FV関数というのを使います。
FVはフューチャーバリューの略です。

先程の100万円の複利を計算してみます。
セルに下記の式を入力して下さい。

=FV(利率期間、定期支払額、-現在価値、支払期日)
↓  ↓  ↓
=FV(3%、、-1000000

これで簡単に計算が出来ます。

参考サイト
FV関数で将来価値を求める

FV関数と並んで良く利用されるエクセル関数は
PMT関数です。

PMT関数とは毎月のローン返済額を計算する関数です。

1つ注意して頂きたいのは
PMT関数で計算した返済金額と
実際に銀行から送られてくる毎月の返済金額は
微妙に違う場合があります。

PMT関数でのシュミレーションは
あくまで参考にとどめておいて下さいね。

参考サイト
ローンの返済額は月々いくら?

複利効果を高める為に

先程、驚愕と書いた意味を説明していきます。

驚愕の数字をたたき出すには3つの要素が必要です。

1、元本の額
2、適用利率
3、複利で運用する期間

例えば
1億円を5%で10年運用したとします。

単利 : 150,000,000円
複利 : 162,889,463円
差額 : 12,889,463円

1200万円超の差額を生み出します。
これが驚愕の複利の力なんです。

しかし1億円は持ってないでしょ

上の3つの要素の1は諦めます。

2に関してですがこれは工夫をして下さい。
銀行の金利は今は 0.02% とか超低金利です。

利率の高い投資信託を探して下さい。
その際は「無分配型」を選択して下さい。

3に関しては早目に仕込んでじっくり熟成させて下さい。
若い人は期間があるので
この作戦がジワジワ効果を発揮します。

まとめ

上記のようなファイナンスの仕組みを
知ってるか、知らないかで
将来のお金の増え方は全然違ってきます。

ハッキリ言って面倒ですが
その面倒をする人としない人とで
将来に差が生まれます。

面倒な事の先には
大概いい事が待っています。

宝くじなんて当たらないので
テクニックを駆使して
少しでも人より稼ぎましょ!

おわり

この記事はいかがでしたか

-お得

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.