寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

ヤクルトのバレンティンは何故外国人枠から外れるのかを分かり易く解説

更新日:

合意

こんにちは
でこぽんです。

ヤクルトのバレンティン選手が2020年から外国人枠を外れ
日本人扱いになります。

なぜかって?

それは、2019シーズン中に国内FA権を取得
外国人扱いではなくなるからです。

バレンティン選手が日本人扱いになるとヤクルトはとっても有利です。

1軍に出場できる外国人は4人までなのですが
バレンティン選手が日本人扱いになると
バレンティン選手を除いて外国人を4人使えるからです。

そんなバレンティン選手について紹介しますね!

こんな方におすすめ

  • バレンティン選手の功績を知りたい人
  • ヤクルトファンの人

国内FA権取得のルール

1993年のオフ、落合博満選手が中日から巨人にFA移籍し
球界に激震が走りました。

この年から始まったFA制度ですが
選手側としたら「自分を評価してくれる球団(高い年俸が貰える)でプレーしたい
球団側としたら「有力選手に活躍してもらってチームを優勝させたい
と、2つの思惑がぶつかる制度でした。

2019年現在でも様々な思惑がぶつかる制度ではありますが
お金に物を言わせて、なりふり構わず選手を取りに行く球団、

1流に育った選手の旅立ちを見送り
人的補償でより若く伸びしろのある選手を獲得する球団。

賛否両論はありますが
NPBをおもしろくしているのは間違いないです。

ではFA制度のルール解説をしますね。

FAのルール

・1シーズンの出場選手登録(1軍)が145日以上
・上記を満たすシーズンが8年

これが国内FA権を取得する要件です。
9年、辛抱をすると海外FA権が取得できます。

ポスティングのルール

しかし、選手の脂ののった時期は20代中盤です。

と言う事は
海外FA権取得まで日本でプレーすると最低でも9年掛かるので
高卒でも27歳です。

でも高卒でいきなりレギュラーを張って結果を残したのって清原選手くらいですよね。
非常に稀なのです。

だから
イチロー選手、マー君、マエケン、大谷選手とポスティング制度を利用して
海外移籍をするのです。

このポスティング制度
球団の許可が要るのですが
選手ファーストで考えてくれる優しい球団は許可してくれますよね。

バレンティンについて

あらためて、バレンティン選手のおさらいしておきますね。
2013年に王貞治選手のホームラン日本記録を塗り替えた年の動画です。

この年は60本塁打を放ち、当然ホームラン王に輝きました。

※実はこの年、パレンティン選手のホームラン王、ライアン小川選手の新人賞がありましたが、ヤクルトは最下位だったのです。

 

 

じゃあ、バレンティン選手は国内FA権取得のどこまで来ているのでしょうか?

2018年で7年をクリアし、2019年で8年に達し国内FA権を取得します。

バレンティン選手は2011年から日本で活躍しているのですが
2015年シーズンは相次ぐ故障に見舞われ
規定の(1軍145日)に達していないのです。

2019年シーズンの途中で国内FA権を取得するのは確実なので
2020年からの去就が注目されるところです。

 

 

バレンティン選手の去就

これはハッキリ言ってわからないです。

選択肢は4つ
・ヤクルト残留
・他球団に移籍
・メジャーに復帰
・引退

ヤクルト残留が基本線とはなるでしょうが
バレンティン選手もプロ野球選手です。
自分を高く評価してくれる球団があれば
移籍しても不思議ではありません。

まとめ

もともとは「肩が強く外野を任せれる選手」として日本に来た選手です。
こんなにホームランを量産するなんて期待していた選手ではないのです。

以外ですよね!

毎年30本以上のホームランを放つなんて
ヤクルトとしたら「大当たりのクジ」を引いた気分でしょうね。

1984年生まれのバレンティン選手
2020年シーズンは36歳です。

どういった活躍を見せてくれるのでしょうか。
楽しみですね!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

-野球

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.