寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

FAの裏で人的補償が、成功すれば得をする場合もあります

投稿日:

人的保証

geralt / Pixabay

こんにちは
でこぽんです。

プロ野球の世界も世知辛いもので
大物選手のFAの裏には人的補償があります。

人的保証で移籍する選手は複雑に気分で
切ない気持ちになるのでしょうね。

今回はこの人的補償についてお勉強しましょう。

こんな方におすすめ

  • FAと人的補償がよく分かっていない人
  • 過去の取引から得したチームを知りたい人

FAと人的補償について

毎年シーズンオフになるとFA権を取得した選手が
他球団の評価を聞いてみたい」と決まり文句を言って
FA宣言して他のチームと交渉をします。

⇒ FA権についてはコチラ

FAと人的補償についてさらに詳しく解説します。

まずFA宣言する選手の年俸が前チームの何番に当たるかがポイントです。

Aランク:上位3位まで
Bランク:4位~10位まで
Cランク:11位以下

FA宣言した選手を獲るチームはここが重要で
AランクやBランクの選手を獲得する場合は
人的+金銭 or 金銭
の保証が必要になります。

 AランクBランクCランク
金銭 + 人的 旧年俸の0.5倍
 人的:1名
 旧年俸の0.4倍
 人的:1名
補償なし
金銭のみ旧年俸の0.8倍旧年俸の0.6倍

ここまで考慮してFA選手の獲得に動きます。

この時の人的補償ですが
前球団は後球団に対してプロテクトのリストを渡します。

どういう事かと言うと
支配下登録の選手のリストから
この人はダメ、という人を28人選びます。

このプロテクトから漏れると
FAの人的補償で他チームに移籍する可能性があるんですね。

スポンサーリンク

FAの人的補償で得をしたチーム

これはFA宣言した選手には申し訳ないのですが
結果的に人的補償で移籍した選手の方が活躍した例です。

・一岡竜司 (巨人→広島) 大竹寛
・脇屋亮太 (巨人→西部) 片岡治大
・赤松真人 (阪神→広島) 新井貴活

人的補償で移籍した選手って
気持ちの持ち方次第で活躍は可能なんです。

選ばれた選手なんですよ

うちに来て下さいと言われて行くので
むしろ光栄と捉えて頑張れる選手もいるのです。

変な話ですが
人的補償で行く選手より
FA移籍する選手の方が年俸は圧倒的に高いです。

そこで卑屈になる必要なんか全くありません。

なんせ
選ばれて行くのですから

まとめ

毎年当たり前のようにFA移籍、人的補償が行われています。
プロの世界なので当たり前と言えば当たり前ですが
人身売買のような切ない気持ちになる時もあります。

しかしそこは前向きに捉えて
選ばれた選手として胸を張って
新しいチームで頑張っている姿が美しいのです。

おわり

最後までお読み頂き
ありがとうございました。

-野球

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.