寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

阪神メッセンジャーは何故外国人枠から外れるのかを分かり易く解説

更新日:

メッセンジャー

geralt / Pixabay

こんにちは
でこぽんです。

阪神のメッセンジャーが2019年から
日本人扱いになるというニュースが流れています。

なぜ日本人扱いになるのか?
阪神はどのように有利になるのか?
他にも日本人扱いになった外国人は?

等を分かり易く解説します。

こんな方におすすめ

  • 日本人扱いになるルールを知りたい人
  • 他球団に引き抜かれないか心配な人

助っ人外国人が日本人扱いになるには

助っ人外国人が日本人扱いになるには
国内FA権を取得すればいいのです

国内FA権とは以下です
・1シーズンの出場選手登録(1軍登録)が145日以上
・上記を満たすシーズンが8年
※9年で海外FA権も取得できます。

スポンサーリンク

メッセンジャーの扱いは

阪神のメッセンジャーは2010年から阪神一筋で活躍し
2018年の4月16日に国内FA権を取得しました。

上記で解説したように取得要件は
145日以上のシーズンが8年なのですが
2018年は9年目です。

???

実は2017年シーズンは145日に達しておらず
今年の4月16日までと合算して
国内FA権を取得できたのです。

外国人枠から外れるのは
国内FA権を取得した翌年からなんですね。

2017年シーズンは何故145日に満たなかったかというと
8月10日の巨人戦で阿部選手からの打球を喰らい
右足の腓骨骨折で1軍を離れた為です。

阪神球団としてもメッセンジャーの国内FA権の事は
もちろん知っていたので2018年から日本人扱いする為に
1軍に登録しておく事も可能だったのでしょうが
CS出場が掛かった大事な時期だったので
苦渋の決断だったのでしょうね。

阪神には大きく有利です

2019年シーズンからメッセンジャーが
日本人扱いになるという事は
もう1人外国人が使えるのです。

現在のルールでは外国人4人制となっています。

パターン1:投手1人 + 野手3人
パターン2:投手2人 + 野手2人
パターン3:投手3人 + 野手1人

ここで疑問に思う人が居るかもしれませんが
外国人4人制は1軍登録の話です。

だから支配下(2軍)には何人置いておいておいいのです。

よく金持ち球団が不必要な外国人を2軍で生き殺しにしてますよね。

国内FA権を取得した外国人は他にも居ます

じつはメッセンジャーで9人目なんです。

1、郭泰源(西武/1996年)
2、タフィ・ローズ(巨人/2004年)
3、アレックス・ラミレス(巨人/2008年)
4、アレックス・カブレラ(オリックス/2009年)
5、ブライアン・シコースキー(西武/2010年)
6、許銘傑(西武/2011年)
7、ホセ・フェルナンデス(西武/2011年)
8、ジェイシン・スタンリッジ(ソフトバンク/2017年)
9、ランディー・メッセンジャー(阪神/2018年)

こう見ると巨人と西武が目立ちますよね。

でもこの中で国内FA権取得後の活躍したのは
巨人のラミレスくらいで他の選手は下降線だったかな。

そう考えると阪神のメッセンジャーは
36歳とまぁまぁ歳は行ってますが
まだまだ選手としての余力を感じます。

まとめ

最後に気になるのが
メッセンジャーの今後の去就です。

メッセンジャーは
「よそに行くつもりはサラサラない」
とは言っていますが
ファンとしてはこの言葉を信じるしかないですよね。

というか、信じましょう!

まぁ実際メッセンジャーの本心だと思うし
年俸を引き上げたいなら国内FA権取得のタイミングで
このような発言はしないと思います。

そこは阪神球団との信頼関係なのでしょうね。

今年の阪神の優勝と
来年以降のメッセンジャーの活躍に期待しましょう。

おわり

最後までお読み頂き
ありがとうございました。

-野球

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.