寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

杉本真樹は帝京大学出身!イケメンで特許まで持つholoeyesのcoo

投稿日:

こんにちは

でこぽんです

 

カンプリア宮殿や情熱大陸にご出演の

VR使いの杉本真樹医師

常識を覆す発想で最先端医療の先駆者とも言えます

 

この記事ではそんな杉本医師の

・杉本真樹は帝京大学出身!

・イケメンで特許まで持っているなんて

・holoeyesのcooとは

について紹介します

 

こんな方におすすめ

  • 杉本真樹医師をテレビで見た人
  • 杉本真樹医師の特許について知りたい人

杉本真樹は帝京大学出身!

 

1996年、帝京大学医学部卒業

これが杉本真樹医師の学歴です

 

その後も長く帝京大学と関わりながら

医療界で注目を浴びるVR使いになったのです

 

経歴をまとめました↓

プロフィール

名前   : 杉本真樹(すぎもとまき)

生年月日 : 1971年1月15日

出身地  : 東京都

高校   : 暁星高等学校

大学   : 帝京大学医学部

資格   : 医師、医学博士

ーーーーーーーーーー

  経歴(略歴)

1996年・・・帝京大学医学部附属病院外科

1998年・・・国立病院機構東京医療センター外科

2000年・・・帝京大学大学院医学研究科

2007年・・・帝京大学ちば総合医療センター外科 助教

2009年・・・神戸大学大学院 医学研究科 内科学講座 消化器内科学分野 特務講師

2016年・・・国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科 准教授

2018年・・・Holoeyes株式会社取締役兼最高執行責任者COO

2019年・・・帝京大学冲永総合研究所 特任教授 INNOVATION LAB室長

 

1971年1月生まれと言う事で

2020年4月時点で49歳です

 

見た目年齢は30代なかば位で

10歳以上若くみえますよね

頭が良くて見た目も若くて

羨ましい限りです

イケメンで特許まで持っているなんて

「かなりの」とまでは行きませんが

「そこそこの」イケメンだと思います

 

特徴的なのは芸能人なんかによく見られる

「涙袋」です

 

涙袋についてはコチラ↓

 

そして杉本真樹医師のスゴイのは

複数の医療関係の特許をお持ちなのです↓

 

1、3次元造形モデル作製方法および医療・医学・研究・教育用支援ツール(特許第52039037号)

2、情報活用デバイス(特許第5707303号)

3、臓器組織質感モデル(特許第5745155号)

4、医用システム(特許第5854399号)

 

他にもアメリカや中国でも医療関係の

特許をお持ちです

 

難しすぎて何の特許かよく分かりませんが

タイトルから推測するに

VR関係の医療機器に活かす特許で

内臓等を目の前にリアルに表現して

なおかつ質感をも持たすような物じゃないでしょうか

 

杉本真樹医師ってそこそこのイケメンで

特許までお持ちなんて凄すぎます

 

holoeyesのcooとは

「holoeyesのcoo」

これは杉本真樹医師の肩書です

 

holoeyesとは会社の事で

杉本真樹医師はそこでcooを務めています

 

cooとは

最高執行責任者の事です。よく似た言葉で「ceo」と言うのが有りますが、こちらは最高経営責任者の事です。簡単に言うとceoがナンバー1でcooがナンバー2です。

 

私が感じた(株)holoeyesのスゴイと感じた部分は

使う人(外科医)が作ったシステムだというところです

 

サラリーマンなんかでよく聞くのですが

「うちの会社のシステムは使いにくいよ」

この理由はシステムを作る人

システムを使う人が別だからです

 

(株)holoeyesの扱うholoeyesXR(ゴーグル)は

外科医(使う人)の杉本真樹医師が

開発(作る人)をしているのです

 

杉本真樹医師が作ろうと思ったキッカケは

「医師の負担を軽減したい」

こんな想いからです

 

かつてはレントゲン画像(2D)を頼りに

手術をしていたのですが

とても非効率だと感じていました

 

そしてCTが登場しデジタルで患者の3次元データを

扱えるようになったのです

そんな時にアメリカのAppleが市販しているMacで動く

OsiriX(オザイリクス)」というソフトを見つけました

 

幸運な事にこのソフトはオープンソースでした

これを活かして医療の現場で3次元データを

簡単に見れるようになったのです

 

そしてその発展形がゴーグルにて患者さんの

臓器等を見れるholoeyesXRなんです

 

手順は簡単

1、CT撮像をポリゴンファイルにしアップロード

2、15分で作成されるアプリをダウンロード

3、holoeyesXRにて目視

 

これのスゴイのは3Dで目視できる事はもちろん

・手術をする医者

・医療を教育する現場

・説明を受ける患者

いわゆる3方よしと言える事です

(ついでに(株)holoeyesも儲かって良し)

 

ご利用は以下のサイトから1万円~71万円です

(株)holoeyes

 

その凄さが認められ様々な医療施設が導入してます↓

●アステラス製薬

●聖マリア病院

●トヨタ記念病院

●脳神経外科東横浜病院

●亀田総合病院

他、合計45施設(2020年4月時点)

 

上の亀田総合病院関連の記事はコチラ↓

 

まとめ

杉本真樹医師の人となり

伝わったでしょうか

 

・杉本真樹は帝京大学出身!

・イケメンで特許まで持っているなんて

・holoeyesのcooとは

 

日本人って変化を嫌う人が非常に多いです

ただこういった医療の現場では

最先端の機器や技術やノウハウをどんどん活用し

多くの命が救えるようになって欲しいですね

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

-人物

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.