寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

枝野和子の大学や職歴は?著書(本)にはお見合い結婚や双子の事も!

更新日:

こんにちは

でこぽんです

 

枝野和子さんってご存知ですか?

そう、立憲民主党代表 枝野幸男さんの妻です

政治家の妻と言うと安倍昭恵さんのように

目立ちすぎる人もいますが

枝野和子さんはどちらかと言うと控えめですかね

 

この記事ではそんな彼女の

・枝野和子さんの大学や職歴は?

・枝野和子さんの著書(本)とは

・お見合い結婚や双子の事も!

について紹介します

 

こんな方におすすめ

  • 政治家の妻 枝野和子が気になる人
  • お見合い結婚だと知らなかった人

枝野和子さんの大学や職歴は?

出典元:https://jisin.jp/domestic/1788238/

 

夫の枝野幸男さんが立憲民主党を立ち上げてからは

少しは目にする事になった枝野和子さん

まだまだ知りたい事が沢山ありますよね

 

以下が枝野和子さんのプロフィールです↓

プロフィール

名前:枝野和子(えだのかずこ)

生年月日:1968年

出身地:東京都

高校:女子聖学院高校

大学:成蹊大学(せいけいだいがく)

職歴:元CA

 

枝野和子さんって東京に馴染み深いんですね

出身地が東京

幼少期は埼玉で育ったようですが以降は

高校が女子聖学院高校(東京都北区)

大学が成蹊大学(東京 吉祥寺)

ず~っと東京です

 

お父さんは弁護士をされていたので

きっとお嬢さんだったんでしょうね

 

大学卒業後は日本航空(JAL)に就職され

CAさんをされています

枝野和子さんが入社された年はJALでは

まだ「スチュワーデス」という呼称が存在していて

1996年から「CA」等の呼称になっています

 

枝野和枝さんが入った時は

まだスチュワーデスだったんですね

時代を感じます

 

ちなみにCAになるのは非常に難関で

英語ペラペラ程度は当たり前のようです

枝野和子さんの著書(本)とは

立憲民主党の党員の人も読んでるんですかね?

枝野和子さんの著書は以下です↓

 

枝野家のひみつ 福耳夫人の20年

新品価格
¥1,760から
(2020/1/17 09:35時点)

こちらの本は2019年10月発売の本なので

記事執筆時点(2020年1月)では新刊ですね

 

でもこの本って何のために出版されたのでしょう?

枝野代表に脚光が当たってる時などは

出版社が「妻が書いた本なら売れるだろう」

声が掛かったりするんでしょうが

もっといいタイミングがあったようにも思います

 

例えば官房長官時代や立憲民主党を立ち上げた時とか

 

考えられるのは、

何か言いたい事があったのではないでしょうか

例えば東日本大震災の時

「枝野さんは家族をシンガポールに逃がした」

なんて噂が立っていました

 

まぁ噂は噂ですが

それに対してモノ申したかったとか。。。

 

次の章ではこの本の内容にも触れます

 

お見合い結婚や双子の事も!

 

何とも微笑ましい写真ですね(^^♪

 

枝野和子さんがCAをしていた29歳の時

弁護士のお父さんの友人の紹介で

枝野幸男さんとお見合い結婚をしました

 

枝野幸男さんも国会議員になる前は弁護士

そういった繋がりもあったんでしょうね

 

ハッキリいってこれだけの美貌をお持ちの

枝野和子さん

彼氏とか居なかったんですかね

CAってお仕事柄、色々お誘いとかありそうですよね

 

それともお見合い当時(1998年)

すでに衆議院議員(1993年~)だった枝野幸男さん

色んな意味で魅力的だったのでしょうか

 

そして2006年に産まれた

待望の双子ちゃんの事も書かれています

誕生まではテレビ等でも紹介されていますが

33歳から始めた不妊治療の事

人工授精、体外受精、習慣性流産の事も

赤裸々に書かれていますね

 

そして面白いなと思ったのは

結婚当初、デートや新婚生活の事より

衆議院議員の妻として

「選挙」に慣れる事で精いっぱいだったエピソードです

 

まとめ

枝野和子さんの人となり

伝わったでしょうか

 

・枝野和子さんの学歴や職歴は?

・枝野和子さんの著書(本)とは

・お見合い結婚や双子の事も!

 

夫の枝野幸男さんはまだ55歳と若く

将来もしかしたら総理大臣になるかもしれません

そうなると枝野和子さんはファーストレディーですね

政府専用機で枝野幸男さんと外国を訪問したりとか!

そういった意味で今後の期待はふくらみます

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

-人物

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.