寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

てんかん患者と社会との共存について

更新日:

てんかん

出典元:https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1033.html

 

こんにちは
でこぽんです。

てんかんという病気を知っていますか。
まず病気をいう事を認識するところから始めましょう。

てんかんとは脳の病気です。
家族をはじめ周りの人が病気を認めてあげて
本人が受け入れることが回復への手がかりとなります。

てんかんの罹患でどんな症状が現れるのか

最終的には意識を失ってしまいます。
その前段階として手や顔面にけいれんを起こすといった症状も見られます。

軽い症状だとムカムカしてきたり
光がみえるといった症状も起こります。

スポンサーリンク

ではてんかんの原因は?

最初にも言ったようにてんかんは脳の病気です。
脳の回路の病気です。
だから開頭しても目視できない場合もあります。

原因は脳に損傷があった場合に
その損傷をフォローしにいった正常な脳回路が
異常な流れをおこし
さらにその異常な脳回路が発達し
てんかんという症状に至るケースが多いようです。

この脳の損傷を引き起こす原因は
交通事故で頭を打ってしまったケースが考えられます。

てんかんと交通事故について

てんかんの人も運転免許の取得や更新が可能です。

医師の判断が必要になってくるのですが
基準が明確なのは
5年以上発作が現れておらず
今後、発作の可能性がない場合です。

その他は医師の判断に委ねるところが多いですね。

過去の事故をひも解いてみると
京都の祇園で暴走して8人の命が失われたり
宮崎の暴走で6人の死傷者が出たりと
悲惨な事故ばかりです。

 

なぜこんな事故が多発するのか

なぜこういった悲惨な事故が多発するのか。
それはてんかん患者が運転をするからなんですが
なぜそうなるかです。

例えばてんかん患者は就職面接の際に
その事を隠したりする事もあるようです。

それはてんかん患者だとバルると就職しにくいからです。

人には適材適所があるので
てんかん患者の方が活躍できる場を作る
社会も必要だと思います。

そして、てんかん患者も包み隠さず言って
自分のできる事を精一杯するのがいいと思います。

抗てんかん薬もあり
患者の方はもちろん服用していると思いますが
これで発作を抑えることも可能なので
そういった事をもっと広く知ってほしいと思います。

世間では事故などのネガティブな話題ばかりですが
社会で活躍されている方も沢山いるはずです。

そういった事をもっとたくさん報道して
世間の偏見をなくしてほしいと思います。

そうすれば、てんかん患者の方は堂々と言えるし
受け入れてもらえる社会で活躍できるのです。

そうする事でてんかん患者と社会の共存関係を築き
事故が減っていけばと思います。

まわりの人が受け入れることで
防げる事故もあるはずなので
国会のお偉い方々にはそんな社会を作る事も
考えて頂ければと思います。

-私の見解

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.