寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜

気になる人、気になる物、お役立ち情報、お得情報を散りばめたブログです!

信友直子のwiki、高校は?結婚より父と母を気に掛け受賞した賞とは!

更新日:

こんにちは

でこぽんです

 

ドキュメンタリー映画監督として注目される

信友直子さん

2018年公開の映画

「ほけますから、よろしくお願いします。」が話題になり

今ではテレビで特集されるまでになりました

 

この記事ではそんな信友さんの

・信友直子さんのwiki、高校は?

・結婚より父と母に気を掛けた

・信友直子さんの受賞した賞は

について紹介します

 

こんな方におすすめ

  • ドキュメンタリーに興味がある人
  • 認知症に関連のある人

信友直子さんのwiki、高校は?

出典元:https://news.yahoo.co.jp/byline/satoutomoko/20190207-00113834/

 

1961年生まれの信友直子さん

2019年時点で58歳です

 

以下が信友直子さんの詳細です↓

信友直子

名前  : 信友直子(のぶともなおこ)

生年月日: 1961年

出身  : 広島県呉市

高校  : 広島大学付属高等学校

大学  : 東京大学文学部

職歴  : 森永製菓(コマーシャルの制作担当)

      1986年に退社

      テレビ制作会社入社

      2010年にフリーになる

 

一か所、すごく違和感がありませんか?

広島大学付属高等学校に通いつつ

東京大学文学部に進学するなんて。。。

 

普通なら付属高校から広島大学に進学ですが

よっぽど優秀だったので

高いレベルで学びたかったのでしょうね

 

1961年生まれの信友直子さんは

1983年に大学を卒業しているはずなので

森永製菓には3年務めた事になります

 

まぁそこでコマーシャルの制作担当

だったのがキッカケで映像制作に興味を持ったのですね

 

結果としてこの転職があったおかげで

「ぼけますから、よろしくお願いします。」という

目頭が熱くなる信友直子さんの

代表作かつ名作が産まれたのです

結婚より父と母に気を掛けた

信友直子さんは結婚はされていません

 

仕事が好きすぎて全く暇がなかったのです

24時間、仕事とプライベートの区別がつかない程

忙しかった毎日に充実感を感じてたとか

 

今では働き方改革ななる言葉で

こんな働き方をさせる会社は

ブラック企業と言われますが

信友直子さん曰く

「毎日が楽しかった」そうです

 

まぁ2010年以降はフリーなので

そういった縛りもなかったのでしょう

 

要するに

仕事に没頭している間に

結婚適齢期が過ぎていったのですね

 

そして信友直子さんは

お父さんとお母さんをとっても

気に掛けています

 

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」は

お父さんとお母さんの日々を何気なく撮影していたら

次第にお母さんが認知症になっていきました

 

その時

お父さん95歳、お母さん84歳です

 

以下が映画の紹介動画です↓

 

この映画は元々、映画を撮るつもりで始めたのではなく

フジテレビ Mrサンデーで放送された

「ぼけますから、よろしくお願いします。~私が撮った母の認知症1200日~」

に追加映像等を加えて再編集したものです

 

いわゆる老々介護のお父さんとお母さん

認知症になっていくお母さんを

お父さんはほっとけなかった

そのお父さんとお母さんがほっとけず

気を掛けた信友直子さん

 

複雑な家族愛・人間模様です

 

信友直子さんの受賞した賞は

信友直子さんが受賞された章は

●ニューヨークフェスティバル銀賞

●ギャラクシー賞奨励賞

です

 

これらの受賞作は

「おっぱいと東京タワー~私の乳がん日記」

自身のセルフドキュメンタリー作品です

 

45歳の時、

乳がんを患った信友直子さん

その姿を赤裸々にドキュメンタリーとして

作品としたのです

 

信友直子さんの不幸はインドでも起こります

 

休暇中にふらっと行ったインド

動き出した列車に飛び乗ろうと!

しかし44歳の信友直子さんの体力には

ちっとキツくて大失敗

 

気が付くと電車の底の部分が目の前に

そうです、電車とホームの間に入ってしまったのです

 

この事故で骨盤骨折をしたのだとか

 

かなり波乱万丈な生き方をされていますが

信友直子さんは

「おっぱいと東京タワー~私の乳がん日記」で

●ニューヨークフェスティバル銀賞

●ギャラクシー賞奨励賞

と2つの賞を受賞されています

 

まとめ

信友直子さんの人となり

伝わったでしょうか

 

・信友直子さんのwiki、高校は?

・結婚より父と母に気を掛けた

・信友直子さんの受賞した賞は

 

2019年時点で58歳の信友直子さん

ドキュメンタリー監督として円熟期に入っています

その人の人生をどのように伝えるか

真実を描き、共感を得て、感動を産みます

 

今後の信友直子さんも期待大です

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

-人物

Copyright© 寄せ鍋のような熱いブログ 〜目標はね〜 , 2020 All Rights Reserved.